八十二リース株式会社
リースのメリット
リースの種類
リース設備
ネットワーク
採用情報
トップページ



1.多額の初期費用が不要で資金を有効活用できます。

機械設備を導入するには多額の購入資金が必要となりますが、リースをご利用になれば月々のリース料で機械設備を利用できますので、資金を有効活用できます。

2.設備の使用予定期間にあわせて弾力的に対応できます。

法定耐用年数よりも短いリース期間を設定することで早期償却と同じ効果が得られ、設備の陳腐化に備えることができます。また、長期の使用にあわせてリース期間を設定すれば、費用を平準化することができます。

3.管理事務の省力化・コストの削減が実現できます。

機械設備の導入に伴う固定資産税の計算・納付、保険付保手続きなどの管理事務の負担が軽減されます。

4.金利変動リスクが回避できます。

リース料は契約時点で確定しますので金利変動の影響を受けず、損益の安定が図られます。

5.環境関連法制に適正に対応できます。

契約期間満了後は機械設備を返却するだけでよく、各種環境法制への対応は必要ありません。

平成20年4月1日以降開始する事業年度より適用される新リース会計基準、および同日以降に契約するリース契約に適用される税制について

家電リサイクル法への対応について